Skip to content

Monthly Archives: 5月 2015

専業主婦がキャッシングできる方法

貸金業法に総量規制が導入されたことにより、個人の借り入れが年収の3分の1までとなりました。そのために本人に収入がないと申し込みが出来ない消費者金融が増えました。

では、収入のない専業主婦は借りれないの?とゆう方に「配偶者貸付けと」「銀行のカードローン」二つの方法をご紹介します。まず、「配偶者貸付け」ですが、専業主婦の方にも総量規制の例外として借りられる様になっているものです。

条件として、「夫婦である事の証明ができること」「配偶者に安定した収入があること」「配偶者の同意が得られること」これら全てをクリアできれば消費者金融での申し込みが出来ます。一つでも当てはまらなければ配偶者貸付けを利用するのは難しいでしょう。

中には「夫には知られたくない」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。そんな方には「銀行のカードローン」がおすすめです。

銀行のカードローンは貸金業法は適応されませんので専業主婦であっても申し込みが可能となっています。ただ、配偶者の収入が安定しているかどうかは聞かれるかと思いますが、同意書や収入証明書などは必要ありません。

銀行のカードローンは消費者金融よりも金利が低いところが多いので、返済もしやすくなると思います。配偶者にバレたくないなどであれば銀行のカードローンはおすすめです。

アルバイトの私でももっているカードローン

年収をきにすることなく低年収の主婦やアルバイトとか契約社員でも申し込んで作れるカードローンです。

申し込んでも年会費が無料だから持っていても損じゃないです。しかも、申し込みや入会金も無料だから作りやすいし、作る時の負担も少ないのが嬉しいです。

申し込みも銀行に行かなくてもネットや電話で出来るのでバイトが忙しくって時間が取れない時でも大丈夫です。

通常の銀行カードと同じようにATMで借りられます。また返済もATMですませられることができるのでとても便利です。

月々の返済金額が2千円からできるのでお財布の中身も安心です。友達との食事とかの約束がある月でもちゃんと余裕もって返済ができます。

初めてカードをつくるときドキドキして何をどうしていいかわからないことが多いですがカードローン初めの人が多いセレカなら簡単見積もりがホームページで出来るので落ち着いた家で作ることが可能です。

カードつくるために何度も銀行に行かなくてもいいです。作るまで仮申し込みから4ステップで作れるカードローンです。しかも一度も銀行に行かなくても作ることができます。

作るときに質問がある時は電話での相談ができます。電話もフリーダイヤルだから気軽に相談できます。