私の家の大蔵大臣は夫です。結婚した時から、夫と妻の収入を毎月合算して、まず科目別に予算をたててそのあと、それぞれの費用を封筒に入れています。例えばガソリン代は一か月1万五千円として、取り分けてガソリン代用の財布に入れて車のダッシュボードのケースに入れています。食費は2万五千円として食費用の財布に入れてそこからお金を出して使っています。銀行には引き落とされる額と少し余分に入れるようにしています。使える額が決まっているので、月半ばなど残りが幾らぐらいか計算しながら使えるので節約になっています。また、余分はすぐに銀行に預けるようにしています。家電製品などは二人で相談して買うようにしています。本当に必要なもの、必要ないものをよく見極めるようにしています。欲しいものをなんでも買っていたのではいくらお金があっても足りません。この商品は本当に必要だろうかとよく考えてみると、別になくても困らない物が結構あります。またいままで、買ってみたもののほとんど使わないようなものもかなりあります。買う前によく考えるだけで無駄な出費をかなり抑えることができます。

ほかにも携帯のキャリアを見直して、格安SIMに変えました。これだけでもかなりの節約になります。お金借りる 銀行