Skip to content

ギリシャ危機から垣間見える国民性

今ギリシャの経済危機が局面を迎えています。ユーロ離脱という厳しい意見も出始め、日本でも連日大きく報道されています。そんな中、ギリシャ人の様子はというと、海で優雅に日光浴。インタビューをしてみても「焦っても仕方がない」、「なるようになる」、などまるで他人事のような受け答えばかり。どうやらギリシャ人はユーロ圏でも有名な楽天気質らしく、働くことに対してあまり積極的ではないようです。働いている人口の5分の1が観光業に携わっており、何かを生み出すというような才能には長けていないのかもしれませんね。ユーロ圏のアンケートでも「一番怠惰な国は?」や「一番信頼できない国は?」という質問に対して多くの国がギリシャを挙げています。ちなみにこれとは逆の「一番勤勉な国は?」、「一番信頼できる国は?」の質問には多くの国がドイツを挙げています。身の丈に合った生活以上の暮らしを続け、年金は日本の3倍近くをばらまき、こんな状態になるのは当然です。しかも挙句の果てにはユーロの提示した緊縮策を拒否する始末。多くの金額面の支援をしているドイツからしてみると、堪ったものではありません。ギリシャには相当厳しい緊縮策を実行し、国民が一体となって借金を返済していく義務があると思います。総量規制対象外カードローン

私が”今”憲法第9条改正に反対する理由

近年、日本国憲法第憲法9条を改正するべきか否か、が国会やマスメディアの中で激しく議論されている。私個人の意見としては、改正には基本的には”反対”である。それは「世界で唯一の平和憲法だから」とか「反自民党だから」というような感情的な理由ではない。戦後からの日本はこの9条によって、戦争をしてはいけない、という雰囲気が根付いている。9条を少なからずともいわゆる”右向き”に改正することによって、日本国民の戦意を高揚させてしまうきっかけになると考える。私が思う日本人は、賢くない。改正のきっかけには特に頻繁に一部のマスメディアから流されている中国・韓国からの反日運動を鵜呑みにし「あいつらは嫌いだ、戦おう」と短絡的に結び付ける人が今よりももっと多く現れると思うのである。ああした運動や報道を行っている人はごく一部であり、政治的な戦力であることを理解できている人は少ない。モビットのWEB完結申込のメリット!

また、戦後から70年間日本が戦争を一度もしてこなかったのは憲法9条が存在するからではなく、そもそも日本全体が戦争のことについて考えず、目を背けてきただけだとも考える。基本的には改正に反対だが、日本国民がもっと政治・文化・他国に関心を持ち賢くなれば憲法9条を改正するしないにかかわらず、日本は戦争をしない国になり得ると考える。

パート、アルバイトでもキャッシングはできます!!

キャッシングをするのに大切な仕事と収入。

これがある程度できているなら、パートやアルバイトでもキャッシングはできます。

ただ、ご利用限度額は場合によっては少なくなるなど多少のことはあると思います。

審査に通りやすい状況としては、一般的に知られる程か、もしくは全国規模であるような大きな会社の方が有利です。

潰れる心配もないからでしょうか。

そして、勤続年数が長ければ長い程より有利となります。

パートでも今は社会保険加入できますし、社会保険に加入していれば収入もある程度はあるということなので、これも重要なポイントとなります。

アルバイトでも、不定期ではなくほぼ常勤のように働かれている方も審査には通りやすいと思います。

年収的に見て、だいたい150万円もしくはそれ以上くらいでしたら楽々審査は通ると思います。

要するに、融資しても返してもらえるアテがないと借り入れができないと言うことです。

なので、アルバイトやパートであっても収入が安定していてある程度の金額であるなら、審査も通りやすいわけです。

最初は利用可能額が少ない設定でも、だんだんと長く付き合っていくうちに枠はあがってくるので安心してください。

もちろん、即日融資は期待できないので…

余裕を持った申し込みが必要です。

専業主婦がキャッシングできる方法

貸金業法に総量規制が導入されたことにより、個人の借り入れが年収の3分の1までとなりました。そのために本人に収入がないと申し込みが出来ない消費者金融が増えました。

では、収入のない専業主婦は借りれないの?とゆう方に「配偶者貸付けと」「銀行のカードローン」二つの方法をご紹介します。まず、「配偶者貸付け」ですが、専業主婦の方にも総量規制の例外として借りられる様になっているものです。

条件として、「夫婦である事の証明ができること」「配偶者に安定した収入があること」「配偶者の同意が得られること」これら全てをクリアできれば消費者金融での申し込みが出来ます。一つでも当てはまらなければ配偶者貸付けを利用するのは難しいでしょう。

中には「夫には知られたくない」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。そんな方には「銀行のカードローン」がおすすめです。

銀行のカードローンは貸金業法は適応されませんので専業主婦であっても申し込みが可能となっています。ただ、配偶者の収入が安定しているかどうかは聞かれるかと思いますが、同意書や収入証明書などは必要ありません。

銀行のカードローンは消費者金融よりも金利が低いところが多いので、返済もしやすくなると思います。配偶者にバレたくないなどであれば銀行のカードローンはおすすめです。

アルバイトの私でももっているカードローン

年収をきにすることなく低年収の主婦やアルバイトとか契約社員でも申し込んで作れるカードローンです。

申し込んでも年会費が無料だから持っていても損じゃないです。しかも、申し込みや入会金も無料だから作りやすいし、作る時の負担も少ないのが嬉しいです。

申し込みも銀行に行かなくてもネットや電話で出来るのでバイトが忙しくって時間が取れない時でも大丈夫です。

通常の銀行カードと同じようにATMで借りられます。また返済もATMですませられることができるのでとても便利です。

月々の返済金額が2千円からできるのでお財布の中身も安心です。友達との食事とかの約束がある月でもちゃんと余裕もって返済ができます。

初めてカードをつくるときドキドキして何をどうしていいかわからないことが多いですがカードローン初めの人が多いセレカなら簡単見積もりがホームページで出来るので落ち着いた家で作ることが可能です。

カードつくるために何度も銀行に行かなくてもいいです。作るまで仮申し込みから4ステップで作れるカードローンです。しかも一度も銀行に行かなくても作ることができます。

作るときに質問がある時は電話での相談ができます。電話もフリーダイヤルだから気軽に相談できます。

今どき即日融資などはあたりまえのサービス。

前々から思っていたことなのですが、お金というものは、ないときにこそ必要になるものなのですね。これは別にとびきり大きな出費ということではなく、給料日がくればすぐに返せるくらいのお金がたまたまない状態のときです。

たとえば、給料日前に友だちの結婚式が入ってしまったとか、いきなり仕事で出張が決まってしまったとか、そういうときです。今月はちょっと出費が多かったから、今は手元にない。そういうときは本当に辛いですね。

今はそういう状況のときでも、即日融資や即日キャッシングが充分にできるようになっています。もう、カードローンやキャッシングを利用している方なら分かると思いますが、今どき即日融資などはあたりまえのサービスとして利用されているのですね。

一つにはインターネットを使った申し込みで即日融資が可能です。申し込み、審査、そして借り入れ。それらすべてをネット上で完結できるサービスもあります。これを利用すれば、いきなりの入り用の際にも対応できるのですね。

確かにこのような即日融資や即日キャッシングを利用するにはそれなりの条件がありますが、それほど難しいものではありません。時間的なものですから、これを守ればいいわけです。

ただし、借り入れはやっぱり返済のことを頭に入れておくことが必要でしょう。いくら少額とはいえ、それはあくまでも借金なのですから。

利用限度額を上げることもできる。

カードローンやキャッシングについてですが、そういえば、とすぐに思いついたのは、よく目につく利用限度額のことなのですね。やっぱりお金を借り入れようとするときに気になるのが、この金額ではないでしょうか。

この利用限度額、読んで字のごとく、借り入れできる限界の金額という意味ですね。そんなことはもうとっくに分かりきったことなのですが、広告に掲載されているこの金額をそのまま鵜呑みにしてしまってはいけません。

利用限度額を打ち出している場合は、その金融機関で最高の額であるということですから、誰もが適用できるものではないのですね。元来、利用限度額というものは利用者それぞれ異なるものですから。

ただ、この利用限度額が決まっていれば、その範囲内で何度も借り入れができるのですから便利ですよね。手軽なカードローンやキャッシングは、この利用限度額を一つの目印になるし、それ以上の借り入れは危険だということが分かります。

この利用限度額を上げることもできるのです。それは借り入れを続けることと、その返済がちゃんとできているかどうかで決まります。優秀な利用者であることが認められればそういう手続きをすることもできるのですね。

まあ、こうした借り入れで重要になるのはいつでもこの返済です。これはちゃんと守られなければ、借り入れをするのは危険ですね。

みずほ銀行カードローンなら、高限度額で低金利で借り入れができる。

カードローンの便利さについて、日本中の人が知っているわけじゃありませんが、おそらくその名前くらいは皆さん、ご承知のことだと思います。ちょっとした融資を受けるには最適なのですね。

でも、ちょっとした融資ではなく、比較的高額な融資が必要だというとき、それをカードローンなどの手軽なもので借り入れしたいというとき、いったいどうすればいいのでしょうか。その方法はあるのですね。

たとえば、みずほ銀行カードローンという選択肢があります。このカードローンは、名前を見れば分かるように、みずほ銀行が運営しているカードローンサービスなのですね。あくまでも銀行カードローンということなので、年収の三分の一を超える借り入れはできないという、総量規制の対象外になります。

みずほ銀行カードローンの一番の利点をあげるなら、高限度額で低金利で借り入れができるということではないでしょうか。先に述べたように、高額な融資を手軽なもので借り入れしたいというときには最適ですね。それに金利が低いと返済の際にはものすごく助かりますから。

金利というものはおもしろいもので、たとえば銀行に預金しているときは高い方がいいのですが、このように借り入れをしているときには低い方がいい。あたりまえのことなのですが、考えてみればおかしいものですね。